2013年4月27日土曜日

Djangoでデータベースの位置を相対パスにする

この投稿へのリンク
備忘録

Djangoのチュートリアルを参考にデータベースの設定をしようと思ったら、チュートリアルには絶対パスで指定しろと書かれている。
でも、デフォルト状態のデータベースをバージョン管理したかったので相対パスにする方法を調べた



/settings.pyの初めの方を以下の様に編集(DB名は好きな名前)
from os import path
basepath = path.dirname(__file__)

DATABASE_NAME = path.join(basepath, 'DB名')

DEBUG = True
TEMPLATE_DEBUG = DEBUG

ADMINS = (
    # ('Your Name', 'your_email@example.com'),
)

MANAGERS = ADMINS

DATABASES = {
    'default': {
        'ENGINE': 'django.db.backends.sqlite3', # Add 'postgresql_psycopg2', 'mysql', 'sqlite3' or 'oracle'.
        'NAME': DATABASE_NAME,                      # Or path to database file if using sqlite3.
        # The following settings are not used with sqlite3:
        'USER': '',
        'PASSWORD': '',
        'HOST': '',                      # Empty for localhost through domain sockets or '127.0.0.1' for localhost through TCP.
        'PORT': '',                      # Set to empty string for default.
    }
}


#以下アフィリエイト用の広告です

-->