2013年5月19日日曜日

USBに入れたUbuntu 13.04が遅かったのでちょっと対策してみた

この投稿へのリンク
安物のUSBだったのが、問題なのかファイルアクセスするとちょくちょく固まってしまうので、ファイルアクセス時間を記録しないようにするのと、Ramdiskを使うように設定を買えた。 あと、chromeのキャッシュもramdisk上に置くように設定変更

 /etc/fstab
# /etc/fstab: static file system information.
#
# Use 'blkid' to print the universally unique identifier for a
# device; this may be used with UUID= as a more robust way to name devices
# that works even if disks are added and removed. See fstab(5).
#
#                
# / was on /dev/sdb5 during installation
UUID=ed0ac91c-c17f-4cd7-a9bb-ebdb735b1496 /               ext4    errors=remount-ro,noatime 0       1
# /dos was on /dev/sdb2 during installation
UUID=B371-17EE  /dos            vfat    utf8,umask=007,gid=46 0       1
/dev/sr0        /media/floppy0  auto    rw,user,noauto,exec,utf8 0       0
tmpfs /tmp tmpfs defaults 0 0

,noatimeがアクセス時間の記録を無効化するオプションで、tmpfsの行がramdiskを作ってくれるオプション。ramdiskのサイズは物理メモリの半分が自動で割り当てられるらしい

次に、chromeのキャッシュの設定

 ~/.xprofile
export XDG_CACHE_HOME="/tmp/.${USER}/cache"
[[ ! 0d "${XDG_CACHE_HOME}" ]] && install -dm0700 "${XDG_CACHE_HOME}"


小手先だけな対策だけども、とりあえず効果はありそうな感じがしてるので、しばらくはこれでいってみる

#以下アフィリエイト用の広告です

-->